初めてのmakeserverTOP > 自宅サーバ構築 > NTPサーバ構築

NTPサーバ構築について

 
NTPとは

「network time Protocol」は、UDPポートの123番を使用して、ネットワークに接続されている機器などが持つている時計を正しい時刻(標準時刻)へ同期するための通信プロトコル。

イメージとしては最近よくある電波時計ですね。標準時刻を受信して時間の誤差を修正するのが、ネットワーク経由で標準時刻を受信しているのでイメージしやすいと思います。

 


●NTPサーバ設定

# vi /etc/ntp.conf

# --- OUR TIMESERVERS -----
#server 0.pool.ntp.org
#server 1.pool.ntp.org
#server 2.pool.ntp.org
(この3行には先頭に「#」を追加)

server -4 ntp.nict.jp iburst
server -4 ntp.nict.jp iburst
server -4 ntp.nict.jp iburst
(この3行を追加してください)









 


●NTPサーバ起動

# chkconfig ntpd on
(「chkconfig」コマンドを使い「ntpd」の自動起動を「ON」にする)

# chkconfig --list ntpd
(自動起動の確認)
ntpd      0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off

# /etc/init.d/ntpd start
(「NTP」サーバを起動)







 


●NTPサーバー確認

# ntpq -p
(「NTP」サーバの動作確認)





「*」・・・同期中であると宣言されたサーバー
「+」・・・接続テストに合格し、いつでも参照可能なサーバー
(各環境によってこの画面とは異なると思います。)

後は、定期的に標準時間と同期をしてくれます。

# date
(「date」コマンドで時刻の確認をしてみてください。)

200*年 *月 1*日 日曜日 14:34:37 JST



 


●クライアントの設定













クライアントの右下にある時計をマウス右クリックをし
「日付と時刻の調整」を選択します。



















構築中のサーバーのアドレスもしくはドメインを入力し「今すぐ更新」を
クリックします。正常にサーバと同期が取れれば、「適用」をクリックし完了。
 

自宅サーバ構築記事一覧

NTPサーバ構築

NTPとは「network time Protocol」は、UDPポートの123番を使用して、ネットワークに接続されている機器などが持つている時計を正しい時刻(標準時刻)へ...

SSHサーバ構築

SSHとは「Secure SHell」は、TCPポートの23番を使用して、ネットワークを通じてサーバなど他の機器にログインしたりコマンドを実行したりするリモートシェルのこと...

FTPサーバ構築

FTPとは「File Transfer Protocol」は、TCPポートの21番を使用して、ファイル転送するためのプロトコルです。実運用でもFTPはよく使われています...

MAILサーバ構築

「Postfix」「Dovecot」とは「Postfix」とはMTA(Message Transfer Agent)電子メールを転送するソフトウェアの一つです。送信...

webサーバ構築

apacheとはアパッチ(Apache HTTP Server)は、世界で最も使われているWebサーバソフトウェアの一つです。ホームページを公開する場合に使用します。 ...

webサーバ間通信暗号化

mod_sslとはSSL(Secure Sockets Layer)を実装するためのモジュール。SSL を実装することで、情報が暗号化されよりセキュアなwebサイトとなる。...

プロキシサーバ構築

SquidとはHTTPなどの通信を中継したりキャッシュしたりプロキシサーバソフト。キャッシュ機能があるので一度アクセスしたWebページをサーバ上に保存することで、次に同じW...