初めてのmakeserverTOP > Linuxをインストール > IPアドレス自動更新

IPアドレス自動更新について

 
IPアドレス自動更新


ドメインの登録も終わり、名前解決も無事済んだところで今度は、
サーバにて作業をしましょう。

プロバイダから割り当てられたグローバルIPアドレスが更新されたとき、
自分のサーバのIPアドレスを自動で更新する為の作業です。

ちなみに私のサーバはルータに Buffalo BBR-4MG を使用しているので、
以下のようにダイナミックDNS設定が出来ます。
お使いのルータにも機能があるかもしれませんので、
一度確かめてみてはいかがでしょうか?












こんな感じですね。


今回使用するのは家サーバー・プロジェクト様にある
IPアドレス更新サンプルスクリプト(ieServer.Net 専用)を使わせて頂きます。

まず「Tera Term」を一般ユーザで起動して、その後に「root」 ユーザになりましょう。

[root@testlinux~]#
(この状態ですね)


# cd /usr/local/bin
(「cd」コマンドで、「/usr/local/bin」へ移動)
# wget http://ieserver.net/ddns-update.txt -O /usr/local/bin/ddns-update.pl
「wget」コマンドで、「http://ieserver.net/からddns-update.txt」を取得し、
           「/usr/local/bin/ddns-update.pl」として書き出す。)

文字化けがでるようであれば、以下参照してください。


 


●IPアドレス更新サンプルスクリプトの編集


# vi ddns-update.pl
(「vi」エディタを使って「ddns-update.pl」を編集します。)

以下各環境に合わせて編集をしてください。

# 1. 設定IPアドレスワークファイル
$CURRENT_IP_FILE = "current_ip";
     ↓変更
$CURRENT_IP_FILE = "/var/log/ieserver/current_ip";

# 2. 設定状況ログファイル
$LOG_FILE = "ip_update.log"
     ↓変更
$LOG_FILE = "/var/log/ieserver/ip_update.log";










# 回線IP確認ページURL
$REMOTE_ADDR_CHK = "http://ieserver.net/ipcheck.shtml";
# DDNS更新ページURL
# wgetをSSL接続可能でビルドしているなら、https:// での接続を推奨
$DDNS_UPDATE = "http://ieserver.net/cgi-bin/dip.cgi";

# ieServer.Netにて取得したアカウント(サブドメイン)情報を記入
$ACCOUNT = " "; # アカウント(サブドメイン)名設定
$DOMAIN = " "; # ドメイン名設定
$PASSWORD = " "; # パスワード設定

$ACCOUNT = "testlinux"; # アカウント(サブドメイン)名設定
             取得したアカウント
$DOMAIN = "dip.jp"; # ドメイン名設定
$PASSWORD = "*****"; # パスワード設定
(例)上記は「testlinux.dip.jp」としたの場合)






(余分なスペースとかあるとエラーの原因になります。)
追記が終わったら設定を保存して終了します。

 


●文字化けで、編集できない場合は

# rm ddns-update.pl
(「rm」コマンドを使用し「ddns-update.pl」を削除)

# vi ddns-update.pl
(「vi」エディタを使って「ddns-update.pl」を新規作成します。)

新規で何もありませんので、「ddns-update.pl」 の内容をコピーして貼り付け使用します。

上記の「IPアドレス更新サンプルスクリプト」をクリックして出てきたサンプルスクリプトを全コピーします。そして新規作成した「ddns-update.pl」でマウスを右クリック(貼付)してください。

IPアドレス更新サンプルスクリプトの内容が、貼り付けられたと思います。
「↑」「↓」にて、上下確認してみてください。

問題なく作業が出来たら編集し保存しましょう。

上記で編集した
1. 設定IPアドレスワークファイル
2. 設定状況ログファイル
を格納するディレクトリを作成します。このディレクトリの中に
「current_ip」と「ip_update.log」が格納されるようになります。

# mkdir /var/log/ieserver
(「mkdir」 コマンドを使って
    「/var/log」 に「ieserver」 ディレクトリを作成)

# ls -al
(「ls」コマンドを使って「-al」 オプションでディレクトリ内容を表示)
drwxr-xr-x 2 root root 4096 5月 9 00:58 .
drwxr-xr-x 11 root root 4096 5月 5 10:39 ..
-rw-r--r-- 1 root root 2214 3月 24 2004 ddns-update.pl

# chmod +x /usr/local/bin/ddns-update.pl
(「chmod」 コマンドを使って実行権限「+x」を付加します。)

drwxr-xr-x 2 root root 4096 5月 9 00:58 .
drwxr-xr-x 11 root root 4096 5月 5 10:39 ..
-rwxr-xr-x 1 root root 2214 3月 24 2004 ddns-update.pl

(「x」がついて実行権限が付加)

# mkdir /var/log/ieserver
(「mkdir」コマンドを使ってログ収納用ディレクトリ作成)

# /usr/local/bin/ddns-update.pl
(手動でIPアドレス更新サンプルスクリプトの実行)

# cat /var/log/ieserver/ip_update.log
(「cat」 コマンドを使ってip_update.log を表示)

Fri May 9 01:18:17 2008 . Update aborted 0.0.0.0 to 222.145.77.220
(このように「IPアドレス」が表示されていればOK)

# crontab -e
(「crontab」コマンドをを使って編集します。)

*/10 * * * * /usr/local/bin/ddns-update.pl
(10分毎に ddns-update.pl が実行されます。)








(編集が終わったら設定を保存して終了します。)

# /etc/init.d/crond restart
(「crond」を設定を有効にする為再起動)


log確認


# cat /var/log/ieserver/ip_update.log
(「cat」 コマンドを使って「ip_update.log」内容を表示)

# cat /var/log/ieserver/current_ip
(「cat」 コマンドを使って「current_ip」内容を表示)


テストツールを使って外部から名前解決できるか確認します。

ポートチェック【外部からポート開放確認】から「dig(nslookup)テスト」を選択


OKの場合
(?_?) digコマンドが終了しました。

NGの場合
(+_+) 指定されたドメイン名が見つかりません。
 

ドメイン登録記事一覧

Linuxインストール

Linux(CentOS-4.6)インストールまずはダウンロードページから必要なISOをダウンロードします。これは古いバージョンでのインストール手順です。最新版はDVD...

無料ドメイン登録

無料ドメインの登録ドメインとはインターネットに接続された機器、ネットワークを識別するためのものです。ドメインと言うとなにやら小難しそうな感じですが、簡単に言うと...

インストールの後に

インストール後に無事にインストールした後は、各サーバを構築する前に少々やっておきましょう。 ●GPG keyのインポート「yum」を使用することで...

IPアドレス自動更新

IPアドレス自動更新ドメインの登録も終わり、名前解決も無事済んだところで今度は、サーバにて作業をしましょう。プロバイダから割り当てられたグローバルIPアドレ...