初めてのmakeserverTOP > LPICレベル1

LPIC | 初めてのmakeserver記事一覧

 
まず、LPIC試験を受験する事は「Linux」の技術・知識を学ぶことになります。ではその「Linux」について少々ご説明します。

■Linux基礎

Linuxとは、
Linus Torvalds氏によって開発された、UNIX互換のOS(Operating System)です。その後フリーソフトウェアとして公開され、全世界のボランティアの開発者によって改良が重ねられており、企業のインターネットサーバとしても多く採用されています。サーバ構築・運用・管理など、実務で対応できるようLPICを通して学びましょう。

LinuxはWindowsなど他のOSに比べ、性能の低いコンピュータ(PC)でも軽快に動作します。また、ネットワーク機能やセキュリティーに優れ、また非常に安定しているという特長があります。

「Linux」とはカーネル(kernel)と呼ばれるOSの核部分のみを指す言葉でしたが、システム全体を指す言葉として使われるのが一般的ではないでしょうか。Linuxは通常、ディストリビューション(distribution)としてコマンドやインストーラ、ユーティリティなど、システムの構築・運用に必要なソフトウェア群とともにパッケージとして配布されます。 代表的なディストリビューションとしては、Red Hat Linux,Turbo Linux, Vinelinux,Debian/GNU Linux,fedora core,CentOSなどがあります。

Windowsと同じOSなので、インターネットを楽しんだり、メールの送受信をしたり、office系のアプリケーションを使ったりすることができます。このようなGUI(Graphical User Interface)での操作というよりは、CUI(Character User Interface)でコマンドによる操作となりますので、最初は戸惑いが出てくるかもしれませんが、慣れの問題なので諦めないで下さい。

この資格を取得仕様と考えているのであれば、事実上コマンドによる操作が大前提となることと思われますので早く慣れてしまいましょう。

システムアーキテクチャ

■Level1-No101出題範囲は以下となります。資格本を熟読していただければ概ね問題ないかと思われます。しかし、全て資格対策本から出題されるわけではないので、やはりコマ...

インストールとパッケージ管理

■Level1-No101出題範囲は以下となります。資格本を熟読していただければ概ね問題ないかと思われます。しかし、全て資格対策本から出題されるわけではないので、やはりコマ...

GNUとUnixのコマンド

■Level1-No101出題範囲は以下となります。資格本を熟読していただければ概ね問題ないかと思われます。しかし、全て資格対策本から出題されるわけではないので、やはりコマ...

デバイス、Linuxファイルシステム

■Level1-No101出題範囲は以下となります。資格本を熟読していただければ概ね問題ないかと思われます。しかし、全て資格対策本から出題されるわけではないので、やはりコマ...